商品詳細

Product

INFINITE POSSIBILITIES

グリノー実体顕微鏡 Ivesta3

    • 観察・試料作成
    • 光学顕微鏡

メーカー名:ライカマイクロシステムズ株式会社

概要

Leica Fusion Optics アポクロマート実体顕微鏡

特長

作動距離122mm

広い作動距離があるから試料に触れやすく作業しやすい。
高い開口数でありながら、作業スペースが広く、観察を行いながらの複雑な作業もスムーズに行えます。補助対物レンズ(オプション)を取り付けて、最大200㎜まで拡張することも可能です。

焦点深度12mm

深い焦点深度で、一目であるがままの姿をとらえる。
ライカ独自技術Fusion Optics光学系で高解像度と焦点深度の両立を実現(当社比:3倍)。
倍率を上げたときも、自然でキレのある立体感で、前景も後景も多くの情報を提供。
ピント合わせは最小限、目でピントを合わせようとする眼精疲労が軽減され、作業効率もアップします。

9倍ズーム

最高峰アポクロマートレンズ搭載で9倍ズームを実現
最高レベルのアポクロマート補正レンズ※光学系をグリノータイプ※で実現。
9倍ズームで倍率は6.1倍~55倍まで観察可能です。
全体像の把握から適度な拡大まで、コントラストの乏しい試料でもより細密な分解能が得られ、高いコントラストで観察ができます。

※アポクロマート補正レンズ

レンズのグレードを示す世界共通で使われる光学用語です。
色再現性がよく、対象物のリアルな質感、描写を可能にします。
ライカが世界で初めてアポクロマートレンズをグリノータイプ実体顕微鏡で実現し製品化しました。

※グリノータイプの実体顕微鏡

グリノ構造は2本の対物レンズを密者させられるため、実体顕微競の下部が細くまとまります。
省スペースで試料の周囲を見渡しやすい構造で、作業しながら 観察に適しています。
グリノータイプは色収差・像面湾曲・歪曲収差なども容易に補正できるメリットがあり、その性能に比較してリーズナブルなシステムです。

仕様

Ivesta3 Fusion Optics アポクロマート実体顕微鏡
Ivesta3 EIvesta3 D(Cマウント)Ivesta3 i (カメラ内蔵)
ズームレンズ9:1 アポクロマート補正
倍率範囲(標準)6.1x~5.5x
クリックストップ位置10x,20x,30x,40x,50x
観察角度35°
静電防止あり
作動距離(mm)(標準)122mm
カメラポートなしあり
50%カメラ,50%目視
なし
デジタルカメラなし内蔵
4K&1,200万画素
1/2.3インチCMOSセンサー
ライブ最大速度 60fps
接続モードHDMI,USB,イーサネット
Ivesta3用 補助レンズ(アポクロマート、オプション)
倍率作動距離(mm)
0.5x200
0.63x150
0.75x130
1.6x50
2.0x35
Enersightプラットフォーム機能
Enersight OSD :
On Screen Display(PCレス)
Enersight Desktop
Windows用ソフトウェア
静止画取得
動画記録
カメラ制御
オーバーレイ
比較機能
2D測定・注釈
画像ギャラリー保存先フォルダ変更
エッジ検出
キャリブレーション取得
フォーカスインディケーター
ユーザーインターフェースカスタマイズ
ユーザー管理
HDR(ハイダイナミックレンジ)
ヒストグラム
ROI ホワイトバランス/自動露光

CONTACT

お問い合わせ

製品・サービスに関するご質問や技術的なご相談など、何でもお問合せください。